• 0120-949-390

Boori Japan Official Site

つわり中の頭痛がひどい原因と対策!めまいや熱は病気なの?

つわり中の頭痛

つわり中の頭痛で悩まれてる方で、和らげる対策を知りたいと思っていませんか?
また、頭痛の他にめまいや熱もあるので、病気なのかと考えたりしていませんか?

つわり中の頭痛の原因は、色々なことが絡んでいるケースがあります。
どういう状況で頭が痛くなるかを見つけることがとても大事。

頭痛は、妊娠してない人も起こる症状です。
しかし、妊娠をしてからひどくなる方も多くいらっしゃいます。
実は、原因の一つとして妊娠してから起こる体の変化や行動が影響してしまっていることも。

さらに、つわり中は、頭痛だけでなく風邪のような症状がでる場合もあります。
頭痛だけでも辛いのに他の症状もでることで余計にストレスがかかってしまうことでしょう。

頭痛はちょっとしたことで落ち着いたりもします。
逆に頭の痛さのことを考えるほど、悪化してしまうことも。

まずは、安静にすることやストレスを発散させることで症状が改善するか試してみましょう。
さらに、頭痛の原因になるものがあればをひとつづつ潰していくのが頭痛対策の第一歩です。

つわり中の頭痛の原因

つわり中に頭が痛くなるという方は多くいらっしゃいます。
もともと、頭痛持ちだった方はさらにひどくなることも。
しかし、今まで頭痛になったこともない人も頭が痛くなってしまうのはなぜでしょう。

症状とひどい頭痛の理由

頭痛は人によって感じ方が違います。
たまに、「ズキン」とする程度の人もいれば、頭が割れるように「ガンガン」痛いという方も。
つわり中の頭痛の原因は、いくつかあるのでみてみましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期の頃には黄体ホルモン(プロゲステロン)が大量に分泌されます。
これは、赤ちゃんを成長させるために必要なことです。
プロゲステロンが分泌されると、ホルモンバランスが急激に変化して脳の血管が広がります。
脳の血管が広がると、神経を圧迫するため頭が痛くなるということです。

鉄分不足

妊娠すると、赤ちゃんに優先的にママの体の鉄分が使われます。
その結果、鉄分が不足することにより貧血に。
貧血とは、血液中の赤血球が不足している状態です。
酸欠状態になって頭に酸素がいきわたらないことで、頭痛になります。

運動不足

妊娠すると、運動不足になりやすくなります。
運動しないことで体全体の血の流れが悪くなり血行不良からの頭痛に。
また、妊娠前にできていた運動ができないとストレスを感じやすくなります。
ストレス発散ができないと体がさらに緊張状態に。
その結果、筋肉も凝り固まって頭痛がひどくなることもあります。

偏頭痛

こめかみや目のあたりで、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。
ストレスなどを感じると脳の血管は収縮します。
その後、反動で血管が膨張することで頭痛が引き起こされるといわれています。
ストレスから解放されたときになりやすく、きつい仕事をしている方がなりやすい頭痛です。
ひどいときは、吐き気や嘔吐をしてしまうこともあります。

緊張型頭痛

頭の全体が締め付けられるような痛みがあるのが特徴です。
首や肩、背中などの筋肉が緊張することで発生する痛み。
同じ姿勢を長い時間続けることで起こりやすくなります。
肩こりになりやすいデスクワークの方がよくなる頭痛です。
また、運動不足やストレスからも筋肉が凝り固まるので、妊娠で不安が多い方がなることも。

頭痛を和らげる対策

頭痛の原因は一つではなく複数にまたがることもあります。
そのため、様々なことを試してみることがいいでしょう。

頭痛がでる症状を記録する

まず、頭がいたくなる時はどういう状況でなるのかを把握しましょう。
把握して防ぐことができれば、対処できる場合もあります。
次のようなことをメモしておきましょう。

  • 何時に頭が痛くなるか
  • どこの場所で頭が痛くなるか
  • 頭が痛くなる前は何をしていたか
  • 食事、水分をとる前後は頭が痛いか

目を休める

テレビやパソコンなどの画面を見続けると目が疲れます。
こめかみや目の奥が痛くなることはありませんか。
それは、眼精疲労が原因かもしれません。
眼精疲労により血流が悪くなるため頭痛が起こりやすくなります。
適度に休みを入れるか、目の周りを温めるか冷やすかをしてみましょう。
最近では、スマートフォンが原因で疲れ目になりやすいので見すぎないように注意が必要です。

ストレス発散する

気分転換することで頭痛が抑えられることがあります。
妊娠初期の妊婦さんは、つわりのことでストレスを感じやすい状態です。
掃除や散歩、お風呂に入るだけでも、ストレスを軽減することができます。
動くことでストレス発散できる場合は、筋肉の緊張もほぐれるのでさらにいいでしょう。

水分補給をする

水分が不足すると血液の流れが悪くなります。
血液の流れが悪くなると血管が拡張して、その際に神経を刺激することで頭痛に。
吐きづわりなどで水分が体の外に出やすいつわりで頭痛もする方は、水分不足かもしれません。
脱水症状にならないようにするためにも、水分はこまめにとるようにしましょう。

鉄分を補う

貧血のような感覚になる方は鉄分が不足している可能性があります。
鉄分不足は頭痛だけでなく動機、息切れ、めまい、吐き気なども起こりやすいです。
食事で鉄分をとるように意識しましょう。
サプリメントを取り入れて貧血対策をすることもできます。
しかし、鉄分の取りすぎには注意が必要なので心配な場合は病院で相談してみましょう。

安静にする

頭が痛いときは、少し安静にしているだけで楽になることがあります。
頭痛を感じたら、横になるといいでしょう。
また、深呼吸することで気持ちを落ち着かせることもできます。

血行をよくする

首や肩、背中が凝っていると血流が悪くなり、頭痛になりやすいです。
マッサージをすると血液の流れがよくなります。
また、軽い運動やストレッチをすることも効果的です。

病院で頭痛薬をもらう

市販の頭痛薬は赤ちゃんへの影響がでる場合もあるので使わずに、産婦人科を受診しましょう。
頭痛がひどいとストレスも感じます。
赤ちゃんにとってもママのストレスはあまりよくありません。
受診する際は、どういう状況で頭痛がなるかの記録を伝えられるといいでしょう。
無理をしないことが一番です。

頭痛からのめまいや熱は病気の兆候?

頭痛だけではなく、めまいや微熱がある場合もあるかと思います。
これは病気なのか調べてみました。

めまいの原因

頭痛と一緒にめまいが起こる場合の原因は、貧血の可能性があります。
疲れやストレスがたまったりしていませんか。
自律神経が乱れることで、頭が「クラクラ」しやすくなります。
鉄分を意識的にとるといいでしょう。

熱や寒気は風邪なのか

頭痛に加えて熱があったり、寒気がでることがあります。
とりあえず、自己判断で市販の風邪薬を飲んでしまうことはやめましょう。
なぜなら、妊娠初期は体温は上がるものです。
さらに、つわり中はだるさ、寒気など風邪と似た症状も起こります。

原因は、つわりなのか風邪の影響かはわかりにくいです。
自己判断はしないで病院に行くようにしたほうがいいでしょう。

You may also like